カリフラワーに含まれるビタミンCに関して

この記事では、カリフラワーに含まれているビタミンCに関してまとめた記事だよ。

 

カリフラワー全体の栄養に関しては下記の記事を参照してね。

⇒ カリフラワーに含まれる栄養まとめ

 

カリフラワーに含まれるビタミンCってどの程度の量なのか?

カリフラワーに含まれるビタミンCの含有量は、1日所要量100mgに対してカリフラワーは81mgと非常に高く野菜の中では上位5位なんですね。

 

ちなみに、ビタミンCが多く含まれているイメージがあるレモンでは可食部100gあたり、ビタミンCが100mg、果汁100gあたりビタミンCが50mgとそこまで高くないんだよね。

 

カリフラワーに含まれるビタミンCは、キャベツの2倍、いちご、みかんより多いのが特徴!

 

【補足】ビタミンCってどんな効果がある栄養素なの?

ビタミンCの効果は、疲労回復、風邪の予防、がん予防、老化予防の効果があると言われてるけど、やっぱり美容に欠かせない栄養素だから女性は積極的に摂取したい栄養素だね。

 

また、「最近、疲れが取れない…」って悩んでるビジネスマンも疲労回復効果が期待できる栄養素だから積極的に摂取してね。

 

他にも”コラーゲンの生成補助、ストレス緩和、鉄の吸収を高める効果”があり、体内に蓄積できない栄養素だからこまめに補給しないといけない栄養素なんだよ。

 

カリフラーのビタミンCは熱に強い!?

ビタミンCって熱に弱いっての有名だから、”茹でる、焼く、煮る”といった火を通す調理をする事でビタミンCが失われちゃうんだよね。

 

だけど、カリフラーは、細胞組織がしっかりしているから火を通してもビタミンCの量はさほど変わらないっていう特徴があるから、どんな調理法であってもビタミンCをはじめとする栄養素を逃さず摂取できるスーパーフードなんだよ。

 

カリフラワーの調理法に関しては、下記記事でまとめてるから参考にしてね。

⇒ カリフラワーのレシピまとめ|栄養満点のカリフラワーで賢く栄養補給

コメント

タイトルとURLをコピーしました